主な蓄膿症の症状とは

主な蓄膿症の症状とは

蓄膿症の症状をあげると鼻水、鼻づまり、頭痛、嗅覚障害などの多くの種類があります。
蓄膿症が起こった場合は、ねっとりした黄色い鼻水が出るようになるという他は異様な臭いがする膿が出たりします。
鼻の中の副鼻腔にある上顎洞という場所に次々とこの膿が蓄積されていって、段々と周りにいる人も分かるくらいの臭いを放出することがあるのです。
あるいは症状の1つの鼻づまりから蓄膿症が起こっていることが明らかになる事も少なくないのですが、鼻づまりというのは鼻の粘膜に腫れが生じる事が原因で起こることもあります。
鼻づまりがおさまらずに続くと鼻呼吸がスムーズに出来ずに口呼吸が習慣になってしまうので注意が必要です。
また蓄膿症の人に頭痛がよく起こるのですが、中でも慢性的な蓄膿症の人に起こりやすく悩まされる事が多いと言われています。
頭痛の中でもよくあるのが鼻の奥にたまった膿が鼻の付け根部分から眉間にあたるところまでを圧迫して痛みが引き起こるというものです。
嗅覚障害は蓄膿症の状態により程度が異なりますが、どちらにしろ臭いを正しく認識できないという事は生活に支障をきたしてしまいます。
食事の時にも味が正しく認識できなくなり非常に困ってしまいます。
これらの症状は長期間にわたり治らない場合には日常の生活が不自由になりますので早めに病院を受診して治療にあたることが必要です。

 

グルコサミンサプリの効果
グルコサミンサプリの効能・効果と人気ランキング!