子供に認められる蓄膿症とは

子供に認められる蓄膿症とは

蓄膿症は大人だけが発症する病気ではありません。
子供でも発症することがよくある病気として知られています。
大人と変わらず症状は鼻水や鼻づまり、また正常に嗅覚が機能しなくなる、頭痛などがあります。
そして鼻づまりが長引くことで子供が無意識に口で呼吸するようになったり、ねっとりした鼻水が良く出るような場合は
蓄膿症が疑われます。
蓄膿症を発症すると体にとって必要な酸素をちゃんと取り入れる事が困難になるため頭が正常に機能しなくなるという
問題が起こります。
そのため集中力がなくなり、学習にも悪影響を及ぼしたりするのです。
そうなるのを防ぐため、通学している学校の健康診断で明らかになった場合や、子供の鼻づまりや鼻水がなかなか治らない場合には病院に連れて行く事が必要になります。
子供に対しての蓄膿症の治療は限られており、15歳以下の場合は手術は出来ません。
そのため基本的には投薬による治療になります。
蓄膿症の状態によっては治療を長い期間受けなくてはならないのですが、子供のためを考えるとすっかり改善するまで根気よく治療を継続することが必要でしょう。

 

中性脂肪を下げる方法
中性脂肪を下げる様々な方法とは