漢方薬による蓄膿症治療とは

漢方薬による蓄膿症治療とは

蓄膿症の治療法として漢方薬を取り入れた治療法を行っている人もいます。
漢方薬の使用は抗生物質と違い体に必要な菌までも弱めてしまう事がありません。また西洋の薬のように眠気やだるい、口の渇きなどと言った副作用の心配もありません。
それに蓄膿症だけでなく後鼻漏や花粉症、アレルギー性鼻炎などにも効果的だと言われています。
漢方薬に加えて体質改善に取り組むことで効き目が早くなる可能性もあり、症状がひどくなる場合には西洋の薬と併用して使用する選択もあります。
このように使用できる漢方薬には色々な効き目を期待できます。
しかし蓄膿症を完全に治そうと思ったら一番大切なことは蓄膿症を患っている人の免疫力を高める事です。
これを可能にするためには漢方薬だけに頼るのではなく睡眠時間や食事内容、運動などを見直し、少しずつ健康的な生活習慣を確立させる必要があります。
漢方薬は症状を改善する目的の薬ではありません。根本になる原因を特定しそれを改善することが目的です。
大切なことは漢方薬を使用する際には漢方薬局の専門家を訪れて自分にあった漢方薬を処方してもらう事です。
どんな薬や漢方薬にしろ専門知識を持っていない人は自己判断で使用すべきではありません。
医師や専門家の話をよく聞き、指示された内容を守りながら蓄膿症の治療に取り組むことが大切だと言えるのです。

 

葉酸サプリメント
妊娠中の葉酸サプリメントの必要性