食事療法で蓄膿症を治そう

食事療法で蓄膿症を治そう

蓄膿症に有効な治療法の1つとしては食事療法が挙げられます。
食事療法とは簡単に言うと健康になる食事内容にするという事で身体の内部から体質を改善していこうという考え方を意味しています。
蓄膿症に関していうと食事内容でよくないのが糖分の過剰摂取です。
糖分を取りすぎると蓄膿症の炎症を生じるきっかけとなるヒスタミンという成分が必要以上に作り出されるのです。
体の中のヒスタミンが多すぎると体の血の巡りが悪化し、血液や体液の粘度があがり、いわゆるドロドロ血液が出来上がってしまいます。
そして鼻腔内の粘膜の抵抗力が弱まり、鼻水が出るようになり鼻づまりの症状を引き起こすことになります。
このような状態にさせないためにも食事内容に気を付けなくてはなりません。
蓄膿症を患わない健康な体作りをするためになるべく野菜を主流にした食事内容が適切でしょう。
肉料理が中心だった人もこれからは工夫をしながら野菜をたくさん取り入れた料理を取り入れ、楽しく健康的な食生活を送る事が望ましいです。
野菜の他にも色々な食べ物を取り入れ、栄養バランスを考えた食事を1日3食、きちんと取ることが大切です。
また、食生活だけでなく規則正しい生活習慣も必要です。
睡眠不足が続いたり、運動不足に陥らないように、十分な睡眠と適度な運動をとり入れ健康な体を作り上げるために必要な事を習慣づける事が重要です。

 

核酸サプリメント
核酸サプリメントの効能について