点鼻薬による蓄膿症治療とは

点鼻薬による蓄膿症治療とは

蓄膿症の治療法の1つとして点鼻薬を使うものが挙げられます。
蓄膿症が起こるとその症状の中でも鼻づまりの症状にストレスを感じる人が多いようです。
この鼻づまりの症状を改善するために点鼻薬を使用することがあります。
点鼻薬には血管収縮剤(塩酸ナファゾリンや塩酸テトラヒドロゾリンなど)が含まれている種類などがあります。
血管収縮剤入りの点鼻薬を使うと血管の流れが止められるため少しの間、鼻がよく通るようになるのです。
しかし数時間で止められていた血管の血液が流れだすため、また鼻づまりが悪化してしまいます。
鼻づまりの状態を良くするために点鼻薬を何度も何度も用いると段々と血管の収縮が悪化してしまい、結果的に鼻づまりが
ひどくなってしまう危険性があります。
また点鼻薬というのは薬局などに行けば市販のものが購入できますが、もし点鼻薬を治療として取り入れるのであればできれば病院に行き、処方してもらうのがお勧めです。
自分の今の状態を診察してもらった上で処方されるのですから、安心ですし、蓄膿症の早い改善に繋がるのではないでしょうか。しかし忙しくてなかなか病院に行けないという人など、事情があるのでしたら取りあえず市販の点鼻薬を使ってみるのもいいかもしれません。
市販の点鼻薬にも適切な用法や用量が書かれているためしっかりと理解し、使用する必要があります。
絶対に用法や用量を適当に考え、使い過ぎたりしないように気を付けてください。

 

酵素ダイエット
酵素ダイエットのやり方