民間療法で蓄膿症を治そう

民間療法で蓄膿症を治そう

蓄膿症を治療する方法の1つに民間療法が挙げられます。
民間療法について聞いたことがない人もいるかもしれません。この療法は自宅でも取り入れることが可能である治療方法です。
そして蓄膿症の民間療法としてはいくつかの方法が挙げられています。
1つにドクダミという草を使う治療です。この草により蓄膿症による嫌な臭いや膿の量を少なくする効果が期待できます。
使用法としては、まず、この草を陰干しして乾燥させた状態にし、そのドクダミの葉を20g、そして500ccの水を準備します。
準備したドクダミの葉を水の中に入れて水の量が半分になるまで煎じて完成となりますが、これを食事の前に飲用するのがよいとされています。他にも馬油の使用が蓄膿症に効果があると言われています。取り入れ方はとても簡単で馬油を付けためん棒を鼻の中に入れ、粘膜に塗布するだけです。この作業を毎日3回すればよいとされています。
この方法を行う時には前もって軽く鼻をかんで行うと有効です。
他にはなたまめ茶というのも蓄膿症に有効だと言われています。
なたまめ茶は血液の循環をスムーズにしたり代謝が盛んになるため、体の外に膿を出しやすくしてくれるのです。
このような民間療法をいくつか試しているうちに自分の体に合うものが分かるでしょう。
ただし、民間療法を使用する時には事前に正しい使用方法を理解し、行う事が重要です。